プラセンタサプリのおすすめは?

プラセンタサプリのおすすめは?

プラセンタサプリのおすすめは?

人工透析を覚悟したが1日6粒で数値が改善して夫婦で安心できた。

 

斉藤さんが指摘されたのは、腎機能の指標として多く用いられているクレアチニン値(男性の基準値は0.6から1.1ミリグラム)でした。

 

 

斉藤さんが覚えている最も古いクレアチニン値は、2010年6月のもので、3.1ミリグラムもあったそうです。

 

数値は年々悪化していき、2015年の8月には4.2ミリグラムにまで上昇していたといいます。

 

「医師から慢性腎臓病との診断を受けました。このままだと人工透析を受ける必要が出てくるとまで言われました。いまは仕事をしていないので、透析を受ける時間の余裕はあるのですが、できれば最後まで自分の腎臓を使いたいと思いました。」

 

斉藤さんは何人かの医師に腎機能を改善する方法を聞いてみたそうですが、全員から「そんな方法はない」と言われてしまったとのことです。

 

そこで斉藤さんが独力で情報を集めたところ、プラセンタ雑誌に乗っていたプラセンタサプリの存在を知ったのです。

 

「プラセンタサプリをさっそく購入して、朝、昼、晩の食後に2粒ずつ、1日計6粒を飲み始めました。

 

3ヶ月経った頃に検査を受けたら、クレアチニン値が3.9みりぐらむまでさがっていることがわかりました。

 

若干とは言え数値が下がった斉藤さんは大喜び。

 

奥さんにプラセンタサプリの効果を報告したといいます。

 

「その後、クレアチニン値は4.0ミリグラム前後を行ったり来たりしています。

 

しかし、悪化する一方だったクレアチニン値が上がらなくなったのははじめてのことです。

 

妻も安心したようです。

 

斉藤さんは最近、友人に誘われて釣り堀に出かけるようになったとか。

 

釣りをしていると、心が落ち着くのだそうです。

 

ストレスの解消も腎機能の維持にプラスになるのではないか、と斉藤さんは密かに考えているそうです。

 

ワンポイントアドバイス

 

プラセンタサプリは、動脈硬化(血管の老化)を引き起こして腎臓の働きを低下させる有害物質を吸着・排泄する力が強い食品です。

 

降圧剤などの薬の成分まで吸着することがあるので、治療薬と併用する場合は、薬を飲んでいから1時間から2時間後に飲むようにしましょう。

 

斉藤さんのカルテ

 

発症は60歳の頃。

 

不規則な生活が原因で、高血圧・高血糖を指摘され続けてしまう。

 

悪化は70歳の頃。

 

健康診断で腎機能の低下が判明する。

 

以後、年々悪化して2013年4月にはクレアチニン値が4.2みりぐらむになる。

 

開始は80歳の頃。

 

2013年の10月から、朝、昼、晩の食後に2粒ずつ飲み始める。

 

改善も同じ80歳の頃。

 

3ヶ月後に、クレアチニン値は3.9みりぐらむにまで低下する。

 

現在は81歳。

 

クレアチニン値は4.0ミリグラム前後で安定していて、悪化はない。

 

これもプラセンタサプリのおかげですね。

 

プラセンタサプリによる排便回数の改善効果は?

 

試験前2週間の排便回数が8回以下の13人中、非摂取なら7回、摂取すると9回。
試験前2週間の排便回数が9回以上の24人中、非摂取なら12回、摂取すると15回。

 

排便回数の改善を図る計37人を対象にした試験結果です。

 

このサプリに含まれている有効成分を摂取した人は、摂取しなかった人に比べて明らかに便通が改善していました。

 

カルテとしては以下になります。

 

発症は50歳の時、尿が出にくくなり、トイレの回数がどんどん増えていきました。
悪化は56歳の時、末期の前立腺がんと診断されて、余命があと2から3年と告げられました。
開始は58歳の時、2015年8月から、朝2粒、昼2粒、夜3粒、就寝前に2粒と、1日に合計9粒を飲み続ける。
改善は59歳の時、食欲が出て便通がよくなり、湿疹も消えました。嬉しい。
現在は60歳です。PSAの数値が350から60まで下がる。趣味の料理を楽しんでいます。

 

ワンポイントアドバイス

 

腸内環境を速やかに改善するには1日1兆個以上の乳酸菌が必要だと言われています。

 

市販されているプラセンタサプリは、含有率が多いものでも100ミリリットルあたり10億個程度です。

 

しかしfuwariは1包あたり、60から240リットル分の乳酸菌が含まれています。

 

プラセンタに含まれている乳酸菌の筋腫は免疫増強作用がもっとも高く、腸内環境の改善に最適と言えます。

 

1日の目安摂取量は3~5粒ですが、多めに飲み始めて量を少しずつ減らしていくのもいいでしょうね。